お知らせ当院について診療のご案内診療時間・アクセスお問合わせ

CAD/CAM冠

  • CAD/CAM冠
  • 短期集中コース
  • 歯周病治療・予防歯科

CAD/CAM冠ハイブリットクラウンとは?

セラミックスの美しさとレジンの衝撃吸収性を持つ素材
治療

平成24年4月から、第一小臼歯、第二小臼歯(真ん中の歯から数えて4番目、5番目の歯)が、CAD/CAM装置使用に限り※1ハイブリットレジン冠での治療が保険適応になりました。『ハイブリットレジン』とは、従来の保険適応の素材(レジン)よりも丈夫な素材です。
今までハイブリット冠は、35,000円程の費用が必要でしたが、今後は9,000円程となりかなりお得になります。

ハイブリットレンジ全ての歯が保険適用ではありません

「第一小臼歯、第二小臼歯(真ん中の歯から数えて4番目、5番目の歯)」が保険適用になっただけですので、他のハイブリットレジンを使用した治療は自費治療になります。

 

従来品とどんな風に違うの?

「第一小臼歯、第二小臼歯(真ん中の歯から数えて4番目、5番目の歯)」には、CAD/CAM冠を含めて下図の3種類のクラウンをお選びいただけます。


従来品とどんな風に違うの?

簡単に言うと、プラスチックの食器と陶器の食器との違いに似てます。買ってすぐは、プラスチック食器もきれいですが、数年たつと黄ばみや汚れがつきやすくそして落ちにくくなります。一方、陶器の食器は、何年たってもキレイで汚れも落ちやすいです。CAD/CAM冠もそのような感じです。


プラスチックと陶器の違いのよう

 

 

CAD/CAM冠ハイブリットクラウンのメリット

保険適用なので安価です。

白い色をしています。

天然の歯とかみ合わせても、天然の歯が削れにくいです。

噛んだときのあごへの負担が少ないです。

金属アレルギーを起こしません。


CAD/CAM冠ハイブリットクラウンのデメリット

保険適用内だと、前から4,5番目の歯にしか使えません。

白いですが、色調が単調です。

年数が経つと、変色してきます。

強度が低く、割れやすいです。力がかかる歯にはつけられません。


検診前のご質問やご相談がある方はメールでどうぞメールでの相談はこちら


オンライン予約 歯科医がお答えメール個人相談矯正相談Q&Aドクターの考え方無料キッズルームキッズクラブカルテの開示・資料配布しています。滅菌にこだわっています高濃度水を使用しています。杉原歯科通信&矯正通信いいね!で得する情報満載FACEBOOK“スタッフ”なおちゃんの矯正日記歯のお悩み相談室